3度目の正直なるか。2021年夏、川越にバーガーキングが帰ってくる

こんにちは、川越市の税理士・関田です。

2021年8月、川越にバーガーキングが帰ってきますよ!

過去に2度の撤退

川越のみなさん、覚えていますか?

その昔、おらが街にもバーガーキング(以下「バーキン」)があったことを。

過去2度にわたりクレアモール商店街へ進出したものの、あえなく撃沈。

あらためてググってみると、最初の撤退に関する情報は見つからなかったものの、2度目の撤退は2011年8月だったということで、今回は10年越しのリベンジになるわけですね。

2度目も失敗したときはさすがに、

「もう川越でバーキンを食べられることはないだろうな・・・」

と思っていただけに感慨深いものがあります。

しかも、場所は脇田新町(国道16号沿い)という、弊所から自転車でいける立地。

これで、わざわざバーキンを求めて遠出する必要がなくなりました。

再進出の予感はあった

今だから言うわけではありませんが、実は、そろそろ川越に再々進出してもいいんじゃないかな、という願望込みの予感はありました。

というのも、昨年オープンしたイオンタウンふじみ野内のバーキンが思いのほか盛況だからです。

オープン当初は物珍しさゆえの行列かと思っていましたが、今でも週末のランチタイムは大行列で、10~20分待ちも当たり前。

ふじみ野でこれだけ流行るなら(失礼)、川越に出店しても十分にやっていけるはずであり、

「バーキンの出店担当者はいったい何をグズグズしているのだ」

とひとり勝手に気を揉んでいたのでした。

バーガーキングを愛する3つの理由

こんなしょうもない記事をわざわざ書いていることからもお分かりのとおり、私はバーキンがたまらなく好きなのです。

以下、理由を述べます。

①バーガーが大きくて美味しい

いうまでもなく、バーキン最大の”売り”はバーガー(ワッパー)の圧倒的なボリュームです。

しかもただ大きいだけでなく、美味しいときた。

サイズ・味ともに、某○ックがたまにやっている企画モノのアメリカン系バーガーをはるかに凌駕します(味に関しては個人の感想です)。

②ポテトがまた美味しい

バーキンはポテト(フレンチフライ)もまた美味しいのです。

マックやロッテリアのような極細タイプとも、モスバーガーのような極太タイプとも一線を画した中太タイプのポテトは、外はカリっと、中はホクホクに仕上がっていて、特に揚げたての美味しさときたら。

もちろん、ボリュームも申し分ありません。

③クーポンの破壊力が凄い

バーキンのヘビーユーザーなら常識ですが、スマホクーポンを使わない手はありません。

通常であれば800円台のチーズワッパーやテリヤキワッパーなどのセットがなんと500円台でいただけてしまうのです。

驚異の割引率。

もはや他のハンバーガーチェーンへ行く理由が見当たりません。

まとめ

てなわけで、今回はバーキン愛を垂れ流してみました。

「バーガーキング16号川越店」は今のところ2021年8月11日(水)にオープン予定。

今度こそは長続きしてほしいものです。


当事務所のサービスメニュー・料金について

当事務所では、法人・個人事業主の「税務顧問業務」のほか、相続税申告・贈与税申告・譲渡所得税申告といった「資産税業務」を専門に行っております。
初回のご面談は無料です(単発の税務相談・コンサルティングを除く)。
オンラインでのビデオ面談もお受けしております。