フジロック2018参戦記。前編

こんにちは、川越市の税理士・関田です。

今年もフジロックへ参戦してきました。

7年連続、7回目のフジです。

参戦したのは3日目・日曜日のみ。

列島を逆走しながら縦断する台風12号の影響が心配されたものの、無事に予定通り開催されました(テント組の方々は大変だったようですが)。

到着したらいきなりドシャ降り

今回も友人の車で一路、苗場スキー場へ。

例年よりやや遅めの午前9時半頃に到着。

駐車場は予約していませんでしたが、運よく、比較的ゲートに近い民間駐車場に滑り込めました。

さて、道中から怪しい雲行きでしたが、駐車場から入場ゲートへ向かう途中で突然の豪雨に襲われ、早くもレインウェアにお着換え。

ところが、入場ゲートに到着するころにはもう晴れ間がのぞいています。

この日前半の天候はずっとこんな感じで、降ったり止んだりの繰り返し。

こういうのが一番疲れるんですよね…。

まずはグリーンステージで場所取り

今年もまずはグリーンステージでの場所確保を目指しますが、遅めの到着だったにもかかわらず、例年よりもスペースに余裕がある気がします。

まあ、入場券はソールドアウトしなかったようですし、ヘッドライナーがディランなので(ご年配の)ファンの出足も鈍いのかも。

ということで、まずは乾杯!

今年もグリーンステージを拠点にし、たまに他のステージも覗きに行くというスタイルです。

「鼓童」~昼食

グリーンステージ1発目は和太鼓集団「鼓童」。

こういうアクトをトップバッターに持ってくるのは、いかにもフジですよね。

さて、次の「Suchmos」までの間に腹ごしらえをすべく、オアシスエリアへ。

まずは当然、越後のもちぶた。

恒例の行列に接続し、もちぶた串(塩)をゲット。

何度食べても美味しいですね。

この後、一瞬の豪雨に襲われ、一時的にもちぶたの行列がゼロになるという奇跡の瞬間を目撃しました。

続いては、苗場食堂へ。

定番のとろろめしをいただきます。

正直、家で食べたら何てことはない、ただのとろろご飯なのですが、ここで食べるだけで美味しさ5割増しです。

「Suchmos」~Jeepタオル

お腹が満たされたところで、グリーンステージへ戻り「Suchmos」に備えます。

特にお目当てのアクトがいなかったこの日、最近若者に人気があるらしいということで唯一(2週間前から)予習をしてきたのですが、期待値が高すぎたのかな…。

『Stay Tune』やらないんですね、フェスなのに。

半分くらい寝てしまいました。

この後、今治タオルをいただきにJeepブースへ向かいます。

SNSで「Jeep Japan」を一瞬だけフォローし、アンケート用紙に個人情報をなんとなく記入して、今治タオルをゲット!

ソフトボールの練習の時にでも使わせていただきます。

さて、次は「アンダーソン・パーク」を観に再びグリーンステージへ戻りますが、まさかこれが今年の個人的ベストアクトになるとは。

(つづく…)

当事務所のサービスメニュー・料金について

当事務所では、法人・個人の税務顧問のほか、相続税・贈与税・譲渡所得税の申告といった単発のご依頼もお受けしております。
報酬につきましては、税務顧問の場合は「売上規模」「ご訪問頻度」に応じて、単発のご依頼の場合には「財産の規模・種類」「売却価格」などに応じて設定しております。
初回のご面談・報酬のお見積りは無料です。