フジロック2019参戦記。果てしなく続く雨との闘い

こんにちは、川越市の税理士・関田です。

今年も行ってまいりました、フジロックフェスティバル。

2012年から8年連続、8回目となる今回は、SIA(シーア)がヘッドライナーを務める2日目に参戦。

台風6号の接近が伝えられる中、とりあえず考えられる万全の装備で出発したわけですが…。

苗場に到着~乾杯

今年も友人に車を出してもらい(いつも感謝です)、9時頃に苗場スキー場へ到着。

まず目に飛び込んできたのは、明らかに例年よりテントの密度が濃いキャンプサイト(我々には関係ありませんが)。

金・土の1日券はソールドアウトだったようですが、それにしてもどうしたことか。

それはともかく、入場前にまずは乾杯のビール。

入場後、いつものようにグリーンステージ後方に陣を張ります。

この頃はまだ天気も良好でしたが、既にちょっと怪しい雲が…。

天気が悪化しないうちにルーティーンを消化すべく、オアシスへ。

もちぶた串で本日2杯目のビール。

ここで、同じ税理士会川越支部のS先生がちょうどオアシスにいるということで、落ち合って乾杯。

木曜に来てひとりでテントを設営し前夜祭から参戦している”筋金入りフジロッカー”のS先生によると、やはり例年よりキャンプサイトは混雑しているとのこと。

SUNSET ROLLERCOASTER~怒髪天~銀杏BOYZ

グリーンの1発目、怒髪天が始まるまで少し時間があったので、S先生とともにレッドマーキーのサンセット・ローラーコースターを覗いてみました。

サンセット~は台湾のバンド。

途中、全く聞き取れない母国語MCのあとに大歓声が上がっており、どうやら地元ファンも苗場まで駆けつけていたようです。

2~3曲観たところで、グリーンステージへ移動。

S先生とはここでお別れです。

トップバッターの怒髪天は、ベテランらしい硬派なロックで午前中のグリーンステージを盛り上げます。

お次は銀杏BOYZ。

最近は「いだてん」をはじめ俳優業での活躍も著しい峯田ですが、ステージでの峯田は本来のヤバさが全開(口から泡、そして流血!)。

フジは初出演だったそうですが、これは観られてよかったです。

MCが長いせいで予定の尺を15分くらいオーバーしてましたけど、主催者に怒られなかったかしら…。

そして、この頃から雨が降ったりやんだりの状況に。

CAKE ~ ASIAN KUNG-FU GENERATION ~ MARTIN GARRIX

銀杏を見終えたのち、ところ天国方面へ向かいます。

ところが、グリーンからホワイトへ向かう道は大混雑、渋滞でなかなか先へ進めません。

うーん、やっぱり今年は例年より人が多いような気も。

ところ天国では、天国チーズバーガーを本日3杯目・ジントニックとともに(これが最後の一杯になってしまうとは…)。

アジカンに備えてグリーンへ戻ると、まだケイクが演奏中。

午後のグリーンステージにぴったりの心地いいサウンドが響きます。

そして、ケイクが終わり、アジカンを待っている頃からいよいよ雨が本降りに。

これが地獄の始まりでした…。

アジカンはまだデビュー間もない頃に少し聴いていましたが、冒頭の2曲が初期の名曲『君という花』『リライト』ということで、おじさんにとっては嬉しい展開でした。

ただ、なんせ天気が。。

まるで滝行のような雨が断続的に降り続きます。

数年前のフジでゲリラ豪雨を食らった時の教訓から、レインウェアはウン万円のGore-Tex素材のモノに新調していましたが、果たしてこの豪雨をしのぐことはできるのか?

アジカンが終わる頃はまだいい感じに水を弾いてくれています。

がんばれ。

しかし、既に地面はグチャグチャ、通路は川となり、窪みには巨大な池が出現。

マーティン・ギャリックスが始まる頃になると、ついにレインウェアの下のTシャツに水が浸透し始めました。

やはり防水スプレーをしておくべきだったか。

しかもこの雨、夜中まで降り続く(しかもさらに強まる)予報。

そんななか迎えたマーティン・ギャリックスのステージでは、ずぶ濡れのオーディエンスが半分ヤケクソ的な盛り上がり。

爆音で雨音がかき消され、思わず雨に打たれていることを忘れそうになります。

どうやらEDMと雨は好相性。

DANIEL CAESER ~ SIA

マーティン・ギャリックス終演後、さすがにこのままSIAまでは待てないと、とりあえずレッドマーキーへ緊急避難。

ダニエル・シーザーを数曲堪能したのち、ブルーギャラクシーでしばし雨をしのぎ、三度グリーンへ戻りました。

もちろん、どちらも雨宿り組でパンパン。

そして、いよいよ大トリ。

ここまでほぼ6時間くらい(避難時を除き)雨に打たれ続け、体力・気力ともにほぼ限界に達したなか目の前に現れた、シーアの神々しいともいうべきステージ。

演奏はカラオケ、シーアはステージ端で顔を隠したまま歌い、中央で舞うダンサーの動きは映像と完全にシンクロ。

楽曲はポップながらも、パフォーマンスはモノ凄くアーティスティック。

シーアは時折声が掠れたり(元々そんな感じ?)、キーを下げて歌っている曲もあったりしたものの、やはりその歌唱力は圧倒的でした。

1時間20分ほどのステージはアンコールもなく、あっという間に終了。

今度はちゃんと予習してから観たいですね(『Chandelier』ほか2~3曲しか知りませんでした、すみません)。

総括

とにかく雨、雨、雨。

あれだけ長い時間豪雨にさらされ続けたら、さすがにどんなレインウェアでも太刀打ちできないと思います(多分)。

それでも過去の経験を活かし、シューズの浸水を免れたこと、そしてスマホが無事だったことは収穫というか救いというか。

もし参戦1年目の装備だったら、恐らく夕方には家路に就かざるを得なくなっていたでしょうね。

ま、これだけ酷い目にあっても「もう二度と行かない!」とはならないのがフジ。

2020年は例年より約1か月遅れ、8/21~8/23の開催が決定したそうです。

こんなところにもオリンピックの影響が。。

当事務所のサービスメニュー・料金について

当事務所では、法人・個人の「税務顧問業務」のほか、相続税・贈与税・譲渡所得税の申告といった「資産税業務」を専門に行っております。
初回のご面談・報酬のお見積りは無料です。
また、単発の税務相談・コンサルティングもお受けしております。