ル・マン2018が間もなくスタート。今年勝てなかったらマズいぞTOYOTA

こんにちは、川越市の税理士・関田です。

今年のル・マン24時間レースが間もなくスタートします。

ポールポジションはTOYOTA GAZOO RACINGの8号車。

中嶋一貴のアタックでポールを決めました。

さすがに今年はトヨタが優勝するはず

最高峰のLMP1クラスはアウディが去り、ポルシェも去り、唯一のメーカーワークスとなったトヨタは初優勝が至上命題。

何もなければ…とは思いますが、毎年その何かが起こって優勝を逃し続けてきたトヨタなのでした。。

ポルシェを破っての優勝を見たかったところですが、それも最早叶わぬ夢。

せめてぶっちぎりでのワンツー・フィニッシュを決めてほしいところです。

怖いのはトラブルとアクシデントだけ。

去年も危うくLMP1クラスが全滅して、LMP2クラスの車が総合優勝しそうになってたし…。

アロンソは1年でル・マンを卒業できるか?

ポールを獲った7号車のドライバーは、

  • セバスチャン・ブエミ
  • 中嶋一貴
  • フェルナンド・アロンソ

の元&現役F1ドライバー3名。

F1ドライバーとしてのステータスでは、アロンソと比べると他の2名はちょっとアレな感じですが、こと耐久レースでのキャリアではブエミ&中嶋に一日の長があります。

世界3大レース(F1モナコGP、ル・マン、インディ500)完全制覇を目論むアロンソとしては、ル・マンは今年であっさりパスして王手、来年以降はインディ500制覇を目指すシナリオを描いているんでしょうね。

ところで、インディはホンダエンジンでいいのか?

生中継はJSPORTSのみ

ル・マンの中継は今年もJSPOTRSが独占です。

テレビ朝日が生中継してくれた時代が懐かしい…。

さすがにル・マンだけのために2千数百円も払うのは癪なので、ネットで追いかけることになりそうです。

あとは、TOYOTA GAZOO RACINGのサイトでオンボード映像が生配信されるようなので、ちょこちょこ覗いてみようと思います。

当事務所のサービスメニュー・料金について

当事務所では、法人・個人の「税務顧問業務」のほか、相続税・贈与税・譲渡所得税の申告といった「資産税業務」を専門に行っております。
初回のご面談・報酬のお見積りは無料です。
また、単発の税務相談・コンサルティングもお受けしております。