ライコネンがやっぱりフェラーリを離脱。そしてまさかのザウバー入り

こんにちは、川越市の税理士・関田です。

フェラーリのキミ・ライコネンが、今季限りでのフェラーリ離脱と、来季からのザウバーとの2年契約を発表しました。

フェラーリ離脱に関してはなんとなく覚悟していましたが、そのときはF1を引退するものだと思っていたので、ここにきてのザウバーへの移籍はかなり意外でした。

優勝はおろか表彰台すら狙えないチームにライコネンほどのドライバーがなぜ今更?との思いはありますが、F1界におけるライコネンの存在をあと2年は楽しめることをまずは喜びたいと思います。

 

ライコネンといえば、

  • 2001年(ザウバー):フォーミュラルノー(F3よりも下位のクラス)からの飛び級での鮮烈F1デビュー
  • 2005年(マクラーレン):鈴鹿での予選17位からの伝説の逆転優勝@マクラーレン
  • 2007年(フェラーリ):残り2戦で17ポイント差(当時は優勝で10ポイント)をひっくり返してのチャンピオン獲得

などが思い出されますが、個人的には、一度ラリーに転向してからF1に出戻ってきた直後の、ロータス(現ルノー)時代のライコネンが一番好きでした。

デビュー当初から「我が道を行く」性格は変わりませんが、今も世界中から愛される独特のキャラが完全に確立されたのがこの頃だったと思います。

レース中、しつこく話しかける担当エンジニアに対し、

『Leave me alone, I know what I’m doing』

『Yes yes yes, I’m doing all the time. you don’t have to remind every second』

と言い放った伝説の無線もロータス時代のことでしたね。

 

フェラーリに復帰してからのライコネンはといえば、特にベッテルがチームメイトになってからはサポート役に回らされることも多く、気の毒な状況が続いていました。

今年もまだ勝てていない(勝たせてもらえていない、とも言える)ライコネンですが、残り数戦でなんとか(恐らく最後となる)優勝を決めてほしいと願っています。

 

当事務所のサービスメニュー・料金について

当事務所では、法人・個人の「税務顧問業務」のほか、相続税・贈与税・譲渡所得税の申告といった「資産税業務」を専門に行っております。
初回のご面談・報酬のお見積りは無料です。
また、単発の税務相談・コンサルティングもお受けしております。