モバイルルーター用に、楽天モバイルを契約してみた。

こんにちは、川越市の税理士・関田です。

破格の料金設定で話題となっている、楽天モバイル。

周囲でも、徐々に契約者が増えてきています。

私はというと、通信関係はソフトバンクに一本化しているのでそう簡単には乗り換えられず、「ソフトバンクも安くなればいいのにな」くらいにしか思っていませんでした。

すると先日、既に楽天モバイルと契約されていたとあるお客様から、

「楽天モバイルはモバイルルーター代わりにもなるし、最初の1年は無料で使えるから、とりあえず試してみては?」

とアドバイスを受け、勢いでその日のうちに申し込んでしまいました。

というのも、これまで外出先でノートPCやiPadを使うときはiPhoneのテザリングでしのいでいたのですが、通信量を気にしながら使っていたこともあり、そろそろモバイルWi-Fiでも契約しようかなと思っていたところだったのです(まさしく、渡りに船)。

申し込みは、楽天モバイルのHPから(同時に、対応するルーターも購入)。

「1年無料」以外にも、ポイント還元などのキャンペーンをやっていましたが、通話利用が条件となっており、モバイルルーターとしての利用の場合は還元対象外でした。

申し込みからわずか2日でSIMとルーターが到着。

ルーターは、NECプラットフォームズの「Aterm MP02LN」にしました。

申し込み時に勢いで注文してしまったものの、アマゾンなどで買った方が安かったかも。。

しかしこのルーター、思っていた以上に小さくて、軽量。

これなら持ち運びも苦にならなそうです。

説明書に従い、SIMを挿入した後、しばし充電。

充電終了後、いざ初期設定へ・・・

と思ったら、電源を入れて数十秒後、勝手に設定が完了していました。

楽天モバイルでAterm MP02LNを使う場合、オートでAPN設定ができてしまうんですね(なんと便利な)。

その後、iPhone、iPad、ノートPCとの接続をテストしてみましたが、特に問題なさそうなので早速実践デビューへ。

まずは2週間使ってみましたが、外出先でも普通につながりますし、肝心の速度についても今のところ不満はありません。

ただ、私が主戦場としている埼玉県内では、まだ楽天回線が使えない地域が多いのも事実。

楽天回線エリア外ではパートナー回線(au)に接続されてしまうのですが、こちらは月5GBまで(超過すると速度が低下)という制約があります。

楽天には早急にエリアを拡大してほしいところですが、まあ無料で使えてるんだから文句言うなって話ですよね。

もっとも、エリア拡大=莫大な設備投資が必要なわけで、果たしてこの料金設定で黒字化できる日は来るのだろうか?と、余計な心配をしてしまいますけど。


 

当事務所のサービスメニュー・料金について

当事務所では、法人・個人事業主の「税務顧問業務」のほか、相続税申告・贈与税申告・譲渡所得税申告といった「資産税業務」を専門に行っております。
初回のご面談は無料です(単発の税務相談・コンサルティングを除く)。
オンラインでのビデオ面談もお受けしております。