レッドブル・ホンダ誕生に思うこと。

こんにちは、川越市の税理士・関田です。

先日、F1のトップチームの1つ、レッドブル・レーシングが来季からホンダのパワーユニット(PU)を使用することが発表されました。

ここ数年のレッドブルによるルノーPU批判、レッドブルの兄弟チームであるトロロッソのホンダPU使用開始もあり、レッドブル・ホンダの誕生は既定路線とも思えますが、最終的には前戦カナダGPからアップデートされたホンダPUのパフォーマンスを見ての決断と言われています。

これでいよいよホンダも言い訳できない状況になります。

散々な成績に終わった過去3年間のマクラーレン・ホンダ時代には、マクラーレン側からホンダPUの性能をボロクソに言われ(実際、性能・信頼性ともに酷いものでした)、成績不振の全責任を押し付けられていました。

しかしその一方、ホンダ側は絶対に口には出さないものの、マクラーレン側の車体も決して優れたものではありませんでした。

案の定、ルノーPUにスイッチした今年もマクラーレンは中団グループに沈んでおり、ホンダやホンダファンとしても内心、溜飲が下がる思いをしているわけであります。

しかし、レッドブルは正真正銘のトップチーム、車体性能は本当にトップかもしれません。

事実、今年も非力なルノーPUで既に勝利を挙げています。

レギュレーションが大きく変わらない来年も、きっとレッドブルはトップクラスの車体を作ってくるでしょうから、これで勝てなかったらホンダのせいと言われても仕方ありません。

というかもう、絶対ホンダの責任です。

徐々に改善されてはいるものの、依然としてホンダPUの性能はルノーにも追いつけていないと言われています(メルセデスPUやフェラーリPUは遥か遠くへ)。

マクラーレン・ホンダ誕生前夜はワクワク感しかありませんでしたが、今回は正直、不安感しかありません。

もうそろそろ頼みますよ、ホンダさん!

当事務所のサービスメニュー・料金について

当事務所では、法人・個人の「税務顧問業務」のほか、相続税・贈与税・譲渡所得税の申告といった「資産税業務」を専門に行っております。
初回のご面談・報酬のお見積りは無料です。
また、単発の税務相談・コンサルティングもお受けしております。