愛車の車検。自動車税の納税証明書は不要?

こんにちは、川越市の税理士・関田です。

今日は愛車(フリード)の2回目の車検でした。

車検のタイミングで月日の流れの速さを実感しますね。

整備センターへ

一日車検で、まずは午前11時にホンダの整備センターへ愛車を預けます。

部品の交換などについて色々説明を受けますが、よく分からないのでほとんどお任せです。

モータースポーツを観るのは大好きですが、メカニカルなことは全く分かりません。

餅は餅屋。

税金のことも任せていただいた方がやり甲斐がありますしね。

自動車税の納税証明書の提示が不要な場合も

ところで、車検の時に自動車税の納税証明書の提示が要らなくなったのをご存知でしょうか?

⇒ 埼玉県HP 『自動車税納税証明書の提示が省略できるようになりました』

自動車税の納税状況を電子システムで確認できるようになったからだそうです

まだ電子化対応していない都道府県もあるようですが、関東はすべて対応済みです。

ただし、電子システムに反映されるまでに多少時間がかかるため、今回のように自動車税を納税して間もない場合(1ヶ月程度)は納税証明書が必要です。

また、軽自動車税は市町村税のため電子確認できないので、軽自動車の場合も納税証明書が必須です。

ただ、いずれにしても納税証明書は車検証ファイルに入れておけば間違いないですね。

車検終了

さて、18時半に車検を終えた愛車を引き取りに行きました。

しかし車検代、相変わらず高いですね…。

果たしてあと何回、この愛車で車検を迎えることになるのでしょうか。

当事務所のサービスメニュー・料金について

当事務所では、法人・個人の税務顧問のほか、相続税・贈与税・譲渡所得税の申告といった単発のご依頼もお受けしております。
報酬につきましては、税務顧問の場合は「売上規模」「ご訪問頻度」に応じて、単発のご依頼の場合には「財産の規模・種類」「売却価格」などに応じて設定しております。
初回のご面談・報酬のお見積りは無料です。