初めてのワイヤレスイヤホン。使ってみた感想

こんにちは、川越市の税理士・関田です。

日常的に音楽を聴きます。

移動中、読書中、勉強中、仕事中…。

もちろん、ブックレットに向き合い音楽に集中することも。

専らデジタルオーディオプレーヤーでの鑑賞ですが、使用頻度が高いせいか、イヤホンがよく壊れます。

それも決まって1~2年で片耳から音が出なくなるという症状で。

あまりによく壊れるのでウン万円もするような高級イヤホンには手が出せないのですが、例によって先代のイヤホンが1年半でお役御免になったのを機に、前から気になっていたワイヤレスイヤホンを購入しました。

SONYのワイヤレスイヤホンを購入

購入したのは、ソニーのMRD-XB50BS。

ソニーにしたのは、単純にプレイヤーがソニーだから。

関係無いといえば無いのですが、気分の問題です。

いわゆる、テレビがシャープならレコーダーもシャープじゃないと気持ち悪い、みたいな性格です。

まずはお試しということで、比較的お手頃な価格(7,000円弱)のものを選びました。

プレイヤーとイヤホンの間はワイヤレスですが、右耳と左耳はコードで繋がっているので、完全ワイヤレスではありません。

Bluetooth接続です。

使ってみた感想

不満な点

まず、電池のもちが悪いです。

8時間程度しかもたないため、終日外出のときなどは帰りの電車でバッテリー切れ、なんてこともあります。

電池の問題は大きさ・重さとのバランスもあるので難しいのかもしれませんが。

それから、人混みやある特定の場所にいるとよく音飛びします。

接続が切れたことまではありませんが、これはBluetoothの性質上仕方ないんでしょうね。

良かった点

やはりプレイヤーとイヤホンがコードで繋がっていないというのは便利です。

ちょっと席を外す際に、いちいちプレイヤーを持ち運んだり、イヤホンを外す必要がありません。

満員電車から降りる際にコードが誰かのバッグに引っかかって…みたいなこともありません。

薄着の時期にプレイヤーをズボンのポケットにしまう必要もありません(あれ、なんか気持ち悪くて苦手です)。

音質もまずまずです。

まとめ

電池のもちに若干の不満はありますが、トータル的には満足しています。

次に買い替える時もワイヤレスを選ぶことになりそうですが、まずは今のイヤホンが3年くらいは働いてくれることを祈ります。

当事務所のサービスメニュー・料金について

当事務所では、法人・個人の税務顧問のほか、相続税・贈与税・譲渡所得税の申告といった単発のご依頼もお受けしております。
報酬につきましては、税務顧問の場合は「売上規模」「ご訪問頻度」に応じて、単発のご依頼の場合には「財産の規模・種類」「売却価格」などに応じて設定しております。
初回のご面談・報酬のお見積りは無料です。