新型コロナワクチン、2回接種完了。

こんにちは、川越市の税理士・関田です。

新型コロナウイルスの2回目のワクチン接種が先週ようやく終わりました。

埼玉県内のワクチン接種は他の都道府県と比べるとやや遅れがちのようで、川越市も45歳未満の予約受付がようやく9月1日から開始されたところ。

でしたが待ちきれず、その前に近所のクリニックへ直電予約してしまいました。

9月上旬にまずは1回目の接種(ファイザー)。

先に接種を済ませた知人たちから副反応についての実体験を聞かされ、警戒心を抱きつつ臨んだのですが。。

蓋を開けてみると、接種日の夕方から腕が少し痛くなったくらいで、ほかに副反応らしき症状は一切なし。

一応翌日はオフにしていましたが、いたって元気だったので、午前中は用意していたDVDを観て、午後は普通に仕事をしてしまいました。

若者の方が副反応が出やすいといわれていますが、そういうことなのか。。

てなわけで、割と気軽に臨めた3週間後の2回目接種。

今回も、その日の夕方には腕に1回目よりやや強めの筋肉痛的な症状は出たものの、ほかは特に異常ありません。

翌朝になっても平熱のままでダルさもなく、午前中は優雅にDVD鑑賞。

お昼ご飯を食べたら午後は仕事でも・・・と思った矢先、来ましたよ。

全身に倦怠感。

接種から25時間も経って、いまごろ来ますかね。

昼食を準備する気力も失せ、熱を測ってみるといつの間にか37.6度に。

平熱が35度台の身には堪えます。

すかさず解熱鎮痛剤を飲み、午後はradikoを聴きながら横になって過ごしました。

「2回目の方が・・・」の噂は本当でしたか。

それでも夕方には36度台に下がり、ダルさも徐々に解消。

就寝前には我慢できずにハイボールをいただきましたが、3日目の朝には完全復活していました。

アラフォーでこのくらいの副反応なら、まだ軽い方なのかな?

どうやら、来年には3回目の接種がやってきそうな気配。

1・2回目でのひどい副反応ゆえ3回目の接種に二の足を踏む人も出てくるでしょうから、よほどのインセンティブでもない限り、接種率はもっと下がりそうな気がします。

個人的には、今回くらいの症状で済むならやぶさかではありませんが。


 

当事務所のサービスメニュー・料金について

当事務所では、法人・個人事業主の「税務顧問業務」のほか、相続税申告・贈与税申告・譲渡所得税申告といった「資産税業務」を専門に行っております。
初回のご面談は無料です(単発の税務相談・コンサルティングを除く)。
オンラインでのビデオ面談もお受けしております。