川越を代表するうどんの名店を初訪問。田舎うどん てつ

こんにちは、川越市の税理士・関田です。

武蔵野うどんの名店がひしめく川越ですが、近所に藤店うどんがあって定期的に通っていることもあり、あまり新規開拓ができていません。

ですが、ここだけはいつか行きたいと思っていた!

お世辞にも好立地とはいえないながらも行列が絶えないと評判の「田舎うどん てつ」に立ち寄ってきました。

平日の午前、川越税務署での用事を済ませ、そのまま久下戸方面へ。

ナビを頼りに、およそ飲食店があるとは思えない田舎道をひた走っていると、ありました。

ザ・古民家。

幸運にも、この日は外待ちなしでした。

入口ではペットの亀さんがお出迎え(写真は失念)。

ひとまず入店前に外メニューをチェックすると・・・

うどんへのこだわりもさることながら、天ぷらも激推しの様子。

なぜか”旬の野菜天ぷら”にカテゴライズされている「リンゴ」と、大人気「納豆の天ぷら」が気になります。

店内へ入ると、4人掛けのお座敷席へ通されました。

外観のイメージそのままに、店内も昔懐かしい民家の居間のよう。

さて、いざ注文。

初訪問ということもあり、まずは正攻法で「肉汁うどん」を頼むつもりでいましたが、周囲のお客さんが次々と「本日のランチ」を注文しているのを聞くうちに心が揺らぎ・・・

「あなご天丼ランチ(1本セット)」をオーダー。

待つこと15分ほどで運ばれてきました。

天丼の方は、想像より大きめのあなご天(1本にしておいてよかった!)のほかに、ピーマン天とかぼちゃ天が付いています。

揚げたてサクサクの天ぷら、確かに美味しい。

一方の冷もりうどん(300g)は、太さはそれほどでもないものの、コシの強さは今まで食べた武蔵のうどんの中でも最強レベル。

アゴは酷使しますが、小麦の味わいを楽しめます。

しかしこの内容・ボリュームで税込700円(!)とは、そりゃ人気なわけだ。

再訪決定。

次こそは肉汁うどんと、納豆の天ぷらを楽しみに。

『田舎うどん てつ』のブログ

埼玉県川越市久下戸2881

当事務所のサービスメニュー・料金について

当事務所では、法人・個人事業主の「税務顧問業務」のほか、相続税申告・贈与税申告・譲渡所得税申告といった「資産税業務」を専門に行っております。
初回のご面談は無料です(単発の税務相談・コンサルティングを除く)。
オンラインでのビデオ面談もお受けしております。