小江戸川越ハーフマラソン2018を完走した。10kmの部だけど…

こんにちは、川越市の税理士・関田です。

今日は小江戸川越ハーフマラソンに初めて参加してきました。

今回は無難に10kmの部でエントリー。

大会に向けて週2~3回、4km程度のランニングを続けてきた成果やいかに。

8時半のスタートに向け、川越駅から出ている無料送迎バスに乗っていざ水上公園へ向かいます。

バスを降りてから水上公園まで15分ほど歩かされるんですけどね…。

1万人が走るとあって、会場内はランナー達でごった返していました。

屋台もたくさん出ていて、ちょっとしたフェス気分。

コインロッカーで着替え、寒い中スタートの時を待ちます。

3000人が走る「10kmの部」はスタート位置がA~Dの4ブロックに分かれているのですが、エントリー時の自己申告タイムを控え目に書きすぎたのかCブロックスタートになってしまい、結果的にこれがタイムにやや影響することに。

 

いよいよ8時半、スタートの号砲が鳴りました。

Cブロック組はスタートから約1分でスタートゲートを通過。

早くマイペースに持ち込みたいところでしたが、周囲のペースと合わず前が詰まってしまい、なかなかスピードを上げられません。

1kmほど経過したあたりからようやく自分のペースで走れるようになりましたが、その間30秒~1分はロスしたんじゃないかと思います。

その後は沿道の声援を受け、マラソンランナー気分を味わいながら気持ちよく走ることができました、8km地点までは…。

 

残り2kmに差し掛かる頃にはさすがに足も限界、気持ちの余裕もなくなり野球少年たちの声援&給水もガン無視(すまん)。

最後はヘロヘロになりながら何とかゴ~ル。

タイムは「51分57秒」でした。

練習時のタイムから目標に設定していた「55分」を切れたのは恐らく、速いランナー達のペースに引っ張られたからでしょう。

多少のロスはあったにせよ、望外なタイムが出せて満足です。

 

その後は、完走者が食べられる「川越汁」で体を温めた後、

ハーフの部のゲストランナーであるエリック・ワイナイナの走りを見届けました。

20km以上走ってきて、この爽やかな笑顔…。

 

当事務所のサービスメニュー・料金について

当事務所では、法人・個人の「税務顧問業務」のほか、相続税・贈与税・譲渡所得税の申告といった「資産税業務」を専門に行っております。
初回のご面談・報酬のお見積りは無料です。
また、単発の税務相談・コンサルティングもお受けしております。