鶴ヶ島から高田馬場に移転して早8年。らーめんよし丸

こんにちは、川越市の税理士・関田です。

まだ20代半ば、川越市内の会計事務所に勤務していた頃、顧問先への訪問で鶴ヶ島・坂戸方面に行く際に必ず立ち寄っていたラーメン屋がありました。

川越市と鶴ヶ島市のちょうど境目、川鶴団地の近くにあった「らーめんよし丸」。

事務所の先輩に初めて連れていってもらって以来、店内に入った瞬間に鼻をつく独特の豚骨臭とパンチの効いたスープ(しかも無化調)がクセになり、数え切れないほど足を運びました。

自分にとっては、頑者と並んで、「ラーメン・つけめん」に目覚めさせてくれた忘れられないお店だったのです。

 

そんなよし丸が惜しまれつつ鶴ヶ島から高田馬場へ移転したのが2010年。

ラーメン激戦区・高田馬場で勝ち残れるのか?と心配していましたが(余計なお世話)、今ではすっかり人気店として定着しているようです。

ずっと行きたいと思ってはいたものの、そもそも高田馬場で降りる機会が少ないうえ、有名とんかつ店の誘惑(成蔵、とん太など…)も多いため、なかなか足を運ぶことができずにいました。

そして先日、たまたま昼時に高田馬場へ行く機会があり、今日こそは!と固く決意して約8年ぶりによし丸を訪れてきた次第です。

 

高田馬場駅から歩くこと約5分で到着。

店頭に置かれたPOPが目立ちます。

鶴ヶ島時代よりもメニューが増えていますね。

「学生ラーメン」なんてメニューがあるあたり、さすがは学生の街・高田馬場。

店内に入ると見覚えのある店主さんと(たぶん)奥様が。

鶴ヶ島ではお二人で切り盛りされていましたが、この日は他にアルバイトさんが3名いました。

店内にはやはり、早大生と思しき学生の姿が目立ちます。

 

注文したのはもちろん「よし丸ラーメン」。

高田馬場という立地で、このラーメンをいまだに770円で提供しているというのが驚きです(鶴ヶ島時代は確か750円だったと記憶しています)。

鶴ヶ島のお店はカウンターが低く調理過程が丸見えで、自分が食べるラーメンが完成するまでの工程をすべて見られるのがまた楽しかった(店主さんがおもむろに麺をケースから取り出しモミモミしながらほぐす姿など)…と思い出に浸っているうちに、よし丸ラーメンが到着!

ビジュアルはあの頃とほとんど同じです。

まずはスープを一口。

豚骨・魚介のWスープは化学調味料を一切使っていないとは思えないほど濃厚です。

モチモチの自家製中太麺ともよく合います。

大ぶりのチャーシューも相変わらずトロトロで美味しい!

麺量は並盛でもかなり多めなので、最後はお腹いっぱいに。

ごちそうさまでした。

馬場に行く機会があったら是非また伺います。

公式HP 『らーめんよし丸』

東京都新宿区高田馬場1-17-17

 

当事務所のサービスメニュー・料金について

当事務所では、法人・個人の税務顧問のほか、相続税・贈与税・譲渡所得税の申告といった単発のご依頼もお受けしております。
報酬につきましては、税務顧問の場合は「売上規模」「ご訪問頻度」に応じて、単発のご依頼の場合には「財産の規模・種類」「売却価格」などに応じて設定しております。
初回のご面談・報酬のお見積りは無料です。