税務署、調査再開するってよ。

こんにちは、川越市の税理士・関田です。

つまらないタイトルを付けてしまいました。

コロナ禍で実質中断されていた税務調査ですが、ようやく再開されるそうです。

10月から再開される見通し

9/23付の日経新聞朝刊によれば、税務署・国税局は、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため4月から中止していた新規の訪問税務調査を、10月から再開させるとのことです。

実際には ”完全中止” が宣言されていたわけではなく、納税者の同意が得られれば実施するということではありましたが、何人かの知り合い税理士に聞いても「今年は調査の連絡が全然来ないね~」と口を揃えていたので、やはり事実上の ”中止状態” だったのでしょう。

9/23から納税者(税理士)への電話連絡を始めるとのことでしたが、例年と比べてどの程度の件数になるのか気になるところです。

再開後の調査先は限定的?

もちろん、再開されたからといって以前のようにバリバリ実地調査、とはいかないでしょう。

日経の記事によれば、国税側は「納税者に電話で調査を受けてもらえるかどうか確認」するのだそう。

本来、断ることができない(受忍義務がある)とされている税務調査ですが、事情によっては断ることが可能なケースもあるということでしょうか?

「納税者が高齢で持病が・・・」など、それ相応の事情がなければ断るのは容易ではない気がしますけど(延期ならお願いし易いかも)。

また、コロナ禍で大きな打撃を受けている業種(飲食業、医業など)は調査先に選定される可能性が低くなるものと思われます。

一方、コロナの影響を受けず、順調に業績を伸ばしているような会社は選ばれやすいかも?

再開後の税務調査は怖い?

再開後の税務調査は、油断禁物です。

そもそも、調査は完全に中断されていたわけではありません。

訪問・実地調査は行わなかったというだけで、署内での机上調査・情報収集はコツコツと進めていたはずです。

一般的に春よりも厳しいといわれる、秋の税務調査。

今回は7月(国税の異動時期)以降じっくりと調べ上げ、裏を取った上で、満を持しての実地調査かもしれませんよ。


※ この記事は、投稿日現在における情報・法令等に基づいて作成しております。

当事務所のサービスメニュー・料金について

当事務所では、法人・個人事業主の「税務顧問業務」のほか、相続税申告・贈与税申告・譲渡所得税申告といった「資産税業務」を専門に行っております。
初回のご面談は無料です(単発の税務相談・コンサルティングを除く)。
オンラインでのビデオ面談もお受けしております。