e-Taxで受け取るインボイス登録通知書の確認方法が分かりにくい件。

こんにちは、川越市の税理士・関田です。

令和5年10月からの消費税のインボイス制度スタートに先立ち、適格請求書(インボイス)を発行したい事業者は原則として令和5年3月末までに登録申請手続きを行わなければなりません。

申請受付開始後しばらくは静観していた(まずは制度内容の周知に努めておりました)弊所も、4月申告の法人から順次、決算申告と併せて登録申請手続きを開始しております。

登録申請を行うと、e-Taxでの登録通知を希望した場合にはe-Taxで、それ以外の場合は郵送で登録番号が記載された「登録通知書」が届くのですが、そこはもちろんe-Taxでの通知を選択。

で、先陣となる4月申告法人の登録申請手続きから約1ヵ月が経過。

e-Taxでの申請の場合は登録まで2週間程度ということで、さすがにもう登録完了しているだろうとクライアントのe-Taxにログインして登録通知書をダウンロードしに行きますが、これが容易には見つけられませんでした。

てっきりメッセージボックスに格納されるものと思っていましたが。。

ご参考までに、『受付システム』での登録通知書の確認方法はこんな感じ↓

ログイン後、まずはメインメニューから「メッセージボックス一覧」ではなく「通知等一覧」の確認画面へ。

ここで最初の難関。

一見、何も通知が来ていないようにみえますが、「通知書等選択」のプルダウンを開くと・・・

「適格請求書発行事業者通知書」が出てくるので、これを選択して「切替」をクリックすると以下のような画面に。

ここで、とりあえず登録が完了しているらしいことは確認できますが、肝心の通知書はまだ出てこず。

お次は「格納日」をクリック。

ゴールは近づいているのか?

まだでした。

こんどは「適格請求書発行事業者通知書一覧へ」をクリック。

ようやく来ました。

最後に「確認」をクリックすると、ヘッダー画像のような登録通知書が表示されます。

はぁ。。。

以上が『受付システム』での確認方法ですが、おそらくe-Taxソフトとかでも同じような感じなんでしょうね。

まあ慣れればなんてことないとはいえ、なぜこんなにも回りくどい仕様にしたんでしょうか。


※ この記事は、投稿日現在における情報・法令等に基づいて作成しております。

当事務所のサービスメニュー・料金について

当事務所では、法人・個人事業主の「税務顧問業務」のほか、相続税申告・贈与税申告・譲渡所得税申告といった「資産税業務」を専門に行っております。
初回のご面談は無料です(単発の税務相談・コンサルティングを除く)。
オンラインでのビデオ面談もお受けしております。